タイヤを黒から白へ

ナノテクノロジータイヤ強化素材

脱炭素社会と豊かな海の実現に貢献していきます

課 題

従来技術

カーボンブラック

タイヤはカーボンブラックというタイヤ補強材で強化されています。
タイヤは強くなる代わりに黒くなります。

0 万トン

カーボンブラック製造による年間CO2排出量

0 % のカーボンブラック

タイヤに使われています

新しい環境問題としてのタイヤ粉じん

タイヤ・路面摩耗粉じん(TRWP)が環境に与える影響は、新たな問題となっています。

0 %

マイクロプラスチック

タイヤ粉じん由来という報告があります。

0 年後

タイヤ粉じん規制

EUで先進的に施行されます。

解決策

バイオタイヤ強化材

私たちのミッションは、石油系黒色タイヤに革新をもたらすことです。

インパクト

実現すれば、CO2とマイクロプラスチックの排出量を従来のものから80%減らすことができます。

CO2排出量

80%の削減が可能

マイクロプラスチック排出量

80%の削減が可能

マイルストーン

量産開始は2025年を予定しています。

プロジェクト始動

2021年9月

独自技術の開発に成功

日本の国家プロジェクトに採択され、困難とされていたナノレベルの素材をゴムに分散させることに成功しました。

2022年12月

良好な運転テスト結果

タイヤの走行実験を行い、耐摩耗性や電力消費は約20%向上するという優れた結果を得ています。

2023年9月

公道テスト開始

このタイヤは地方政府のレンタサイクル用自転車に装着され、走り始めます。

2024年4月

量産開始

タイヤトップメーカーによる本格量産がスタートする予定です。

2025年1月

新しい市場の創造

私たちは徐々に大きなモビリティ用にタイヤ強化材を提供し、2035年までに400億ドルの新しいマーケットを創造します

私たちの技術革新は始まったばかりです

世界最先端のR&Dテーマが同時並行で進んでいます。

CNFゴム分散マスターバッチ
0%
ナノ微細化
0%
シングルナノ分散技術
0%
ナノゴム生分解技術
0%
CNFゴムバイオ着色
0%

私たちの拠点は、美しい富士山と駿河湾のある静岡県富士市に拠点があります。

エコシステム

私たちの拠点は、美しい富士山と駿河湾のある静岡県富士市に拠点があります。

私たちの拠点

三重ラボラトリー

チーム

私たちの会社は、技術開発、量産、セールス、インパクト管理など経験豊富な専門家によって構成されています。

鈴木 幹久

CEO

リサーチ会社で新規事業開発を担当を経て

木村 將

CTO

OA消耗品メーカーにて専務務締役を経て、

モビリティの脱炭素化

モビリティの脱炭素化の革命は、電動化だけではありません。

ae6cad2eca317b67f60e4dc09d5a9ec1

どうぞ私たちのタイヤテクノロジーによる脱炭素化にご期待ください。

問い合わせ


    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.